読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静かに週末に備えよ

27歳が送る4歳息子と1歳娘の子育て・読書・バイク(YZF-R6)・煩悩雑多ブログ

子連れで行くディズニー【チケット購入編】

子育て 旅行 ディズニー

2016年4月にチケットが値上がりし、大人1枚7,400円となりました。

4~11歳までの小人でも4,800円します。4歳以上の子どもを含む家族はディズニーランドの門をくぐるだけで相当の出費になります。我が家は息子がまだ3歳ですが、少しでもチケットを安く購入し、お得に楽しむにはどうすればいいのか、ちょっとだけ調べてみたのでそのまとめです。

  

2016年10月から重要となってくるチケットの種類

チケットには大きく分けて「日付指定券」「オープン券」があります。他にも年パスなどありますが割愛。

「日付指定券」は文字通り、予めご利用日を指定しておくチケットです。メリットは日付指定なので、入場規制がかかっていても確実に入園が可能となっています。指定日付を変更したい場合は、所定の場所で手数料200円を払えば変更が可能です。子どもが熱を出した時などは手間とコストがかかりますが、日付を変更できるので安心です。

 

「オープン券」はいつでも入場することが出来る券となっています。ただし、パーク混雑時は入園できないことがあり、日付指定券限定入園日には使用できません。

 

入園制限時の優先度を比較すると以下の通り。

日付指定券、年パス > 2パーク年パス、株主用パス > オープン券、当日券

 

他にも細かなルールはありますが、おおむねこのような違いがあります。

もっと詳しく知りたい方は→【公式】パークチケット|東京ディズニーリゾート

混雑が予想される日に訪問予定の方は「日付指定券」を、訪問日が柔軟に調整できる方は「オープン券」を購入しておけばいいでしょう(てきとう)。

 

なぜ、こんな当たりまえのことを説明したかと言うと、東京ディズニーリゾートは、2016年10月より「日付指定券限定入園日」を導入するようです。

「日付指定のないパークチケット(オープン券)をお買い求めいただく方へのお知らせ」|東京ディズニーリゾート

日付指定券限定入園日とは、入園できるパークチケットが限定されてしまう日のこと。

以下のカレンダーに記載されている該当日が日付指定券限定入園日だそうです。2017年以降はまだ情報がありませんでした(2016/4/13時点)

f:id:hayatOoooo:20160413102734j:plain

 

今までは混雑覚悟でハロウィンやクリスマスに近い休日でもディズニーへ入園できましたが、今年からは10~12月の休日や祝祭日が日付指定券限定入園日に指定されているため「オープン券」では入場することが出来ません。

まあ、小さい子どもを連れて敢えて混む時期の休日にディズニーへ行く方は少ないでしょうが、購入するチケットの種類によっては門前払いとなるケースがあるためご注意ください。

 

チケットは前売り券の購入が基本

子連れなら、前売り券を買っておきましょう。

当日、パークに早く来て当日券を買うという無駄な時間を省くことができますし、キャラクターがプリントされた前売り券を見るだけで子供達は興奮します!

どうしても当日券を買う必要がある場合、その分入場が遅れてしまいます。さらに、初回のFP発券の時間が遅くなり、1回目のアトラクション乗車に時間がかかるため、その後のスケジュールが全て後ろ倒しになるなど、いいことなしです。

 

前売り券の購入方法はたくさんあります。

【公式】前売り券について|パークチケット|東京ディズニーリゾート

 

通勤途中に店舗があり、後述する「チケットを安く買う方法」がオンライン購入では使えなかったため、わたしは事前に最寄りのディズニーストアで購入しました。

前売り券にはいろいろな種類があり、自分でプリントアウトするタイプの前売り券もあるようですが、あまりオススメしません。なぜなら、ファストパスを発行するときにチケットのQRコードを発券する機械に読み込ませるわけですが、自分で印刷するタイプの券だと印刷したチケットが大きくて読み込ませるのに苦労している人を何人も見かけました(後ろに並んでいるわたしはイライラ)。それに、ポケットに入れておくのも邪魔そうなサイズ。

 

値引きはあまり期待してはいけない

チケットを安く購入する方法はあることはあります。

 

①キャンペーン中のチケットを買う

これは誰もが使える方法です。主に閑散期ですが、平日限定などで安く売られています。現在も4月の平日限定でキャンペーンを実施しております。閑散期のキャンペーンチケットは、パーク内も空いており、値段も安くなっているので、訪問する日にこだわりがない方にとっては一石二鳥でオススメです。

【平日限定】首都圏ウィークデーパスポート | 東京ディズニーリゾート

 

ヤフオク等で買う

これも誰もが試せる方法です。ヤフオクを見ると、ディズニーチケットが出品されていますが大して安くない、という印象。手間やリスク(落札したチケットが届かないとか使えないとか)を考慮すると、こんくらいの値引きなら定価で買ってもいいやというレベルです。

 

③コーポレートプログラムを利用して買う

わたしの勤めている会社は福利厚生でコーポレートプログラムに加入しています。欠点は購入できる場所が限られている点ですね。ディズニーストアで購入する場合、コーポレートプログラム利用権の取り扱い店舗でしか購入できませんので注意が必要です。

あとは申請をして券を受け取るのに少し時間がかかるので、「2日後にディズニーへ行く!」といった急な場合は間に合わないケースがあるかもしれません。

東京ディズニーリゾート・コーポレートプログラム 2016年度の特典について|東京ディズニーリゾート

東京ディズニーリゾートの企業・団体プログラム|東京ディズニーリゾート

コーポレートプログラム利用券取扱い店舗|店舗情報|ディズニーストア|ディズニー|Disney.jp|

 

時期によっては①を、手間等をかければ年中使える②を、会社の福利厚生を確認して加入していれば③の方法を使ってチケットを安く購入できます。ただし、タイミング等が悪いと、結局は定価で購入しなくてはいけない場合もあります…。「値引きがないからディズニーへは行かない!」という方は少ないと思いますが、値引きに関しては期待しない方がいいかもしれません。この他にもチケットを安く購入する方法はまだあるんでしょうが、そこまで入念には調べていませんので(;・∀・)

 

まとめ

  • 2016年10月以降は日付指定券限定入園日を事前に確認
  • チケットは前売り券が基本
  • 値引きは最初から期待しないほうがいい

 

「子連れ」の要素が少な目でしたが、こんなもんでしょうか。ほかに書くことがあれば更新していきます。