読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静かに週末に備えよ

27歳が送る4歳息子と1歳娘の子育て・読書・バイク(YZF-R6)・煩悩雑多ブログ

【クラウドファンディング】ほったらかし温泉、新しい温泉造るってよ

バイク 旅行

f:id:hayatOoooo:20161118100002j:plain

来月の12月10日(土)、甲府秩父ルートでツーリングに行こうかなと計画しております。ちゃんとして目的があって、12月の寒い時期にこの前新調した冬用ウェアはどこまで耐えられるのか!?を検証するためのツーリング企画です。

 

さらに、ほったらかし温泉で日の出を見るというオプションツアー付き。

実は、去年も全く同じことをしています…。この時は雁坂トンネル手前で雪がチラついてました。

hayatooovsneko.hatenablog.com

 

去年はソロでしたが、この話をいつもお世話になっている954さんに話したところ「路面凍結の恐れがある中、つらい思いをしてバイクに乗りたい」という奇特な方がちらほらいるようで、複数名で日の出鑑賞をする予定です。

温泉でぬくぬくしながら日の出を見たい!とか、くっそ寒くて真っ暗な中央道を一度は走ってみたい!という変態紳士の方がいらっしゃったらご連絡ください。。。

 

さてさて。

下調べで、ほったらかし温泉のHPを見ているとなんだか気になるワードを発見。

f:id:hayatOoooo:20161118105221j:plain

 

ほったらかし温泉が「クラウドファンディング」で、新しい温泉を造るってよ!!!

今年のバイク界は「クラウドファンディング」が熱い。

 

ここがファンドの詳細ページです↓

www.securite.jp

 

ファンドの詳細

とても気になるので詳細を確認してみましょう。

「今以上にお客様に喜んでもらいたい」という思いから、さらに景色が良い敷地に新たな温泉の建設を計画。本ファンドでは、その建設資金を募集します。今はまだ山の一角を切り開いただけの予定地にどのような癒しの場ができるのか、ゼロから作り上げていく喜びを感じられる本ファンド。特典として、一般のお客様に先駆けて新温泉を体験できる一番風呂入浴権と、ファンド期間(5年間)入り放題で、壮大な景色の中温泉を存分に堪能できる「ほったらかし温泉カード」をお届けします。

 

1口22,000円でファンドを募集しています。

(内訳:出資金20,000円 取扱手数料2,000円)

期限は2017年2月28日

 

なになに、今ある温泉の東側に新たな温泉を作る計画だとか。

しかも、今ある温泉より少し高い位置に作るため、眺望はあっちの湯/こっちの湯よりさらに良くなるらしい!

f:id:hayatOoooo:20161118102137j:plain

 

最終的には男女合わせて10槽造る計画。

ファンドで女湯部分(5槽)を先に造り、男湯部分(残り5槽)ができるまでは混浴施設として、湯あみ着等を身に付けて楽しむスタイルで提供を開始するそうです。

 

とうとう混浴施設の誕生ですよー!今から体を鍛えておこう(?)

 

2つの特典付き!

1つ目は、新温泉にオープン前無料で入れる権利。

2つ目は、ファンド期間中(5年間)ほったらかし温泉に入り放題となるほったらかし温泉カード」

 

ほったらかし温泉の入浴料は1回800円。タオルとかは別ね。

ファンドが1口22,000円なので、220÷8=27.5

5年間で約28回、年間5回以上ほったらかし温泉へ行く方はファンドのメリットを最大限に享受できる計算です。

 

気になる分配金

事業計画としては、年平均約12万人、1日約330人の来場者数を見込んでおり、この計画が達成できれば、投資家の皆さんには、1口20,000円当たりの分配金は22,843円、117%の償還率となる。

 

厳密に言うと、ここからさらに源泉徴収があって、申し込み時に振込手数料もかかります。それでもミュレーション上の計算ですが、利回りは悪くないと思いますね。銀行で寝かせておくより、かなりまし?

まあ、分配金は売り上げに左右される部分なので、はじめから投資特典の「ほったらかし温泉カード」目的で投資をすれば、申し込みたい!という方も多いのではないでしょうか?

 

わたしがもし甲府市民だったら、光の速さで投資します(笑)

軽トラで急な坂を駆け上り、毎週末通いたい!!!

 

投資するか否か 

わたしがほったらかし温泉に行く機会なんて、多くても年2回程度です。

費用対効果の面から考えると悩ましところですが、自分の投資によってツーリングや旅行先の楽しみが増える!、もしくは貢献できる!と思うとワクワクしますね。これが新しい時代の消費スタイルってやつか。

 

それに、いつか家族でほったらかし温泉に行ったとき「パパが投資してこの温泉を作ったんだよー!(桶20個分くらいの貢献)」とか言ってみたい。

 

気になっている方は是非ファンドの詳細を見てあげてください。

わたしも新温泉に入りたいんで!!!!!!

ほったらかし温泉の新温泉づくりファンド|セキュリテ

 

 

hayatooovsneko.hatenablog.com